ECサイトを作るために必要な知識

ECサイトを作るための必要知識について紹介していきます。

フルスクラッチ

ECサイトで年収が増えてくると、さらに独自のECサイトが必要になります。それがフルスクラッチになります。先述のパッケージでのECサイトの場合は、ある程度つくられていて、何事もはじめから作る必要はないのですが、フルスクラッチの場合、1からつくることになります。そして、このECサイトをつくるためには、多額の費用がかかるために大きな会社でなければ実現出来ないのです。

さて、具体的には初期費用で1000万円以上、月額費用が10万円以上かかります。どんなシステムでも作ることができて、大量のアクセスにも対応出来ます。しかし、1からシステムを作るために、時間と労力がかかります。予算も、今までと比較すると莫大なのは理解できます。しかし、何でも出来るという良さがあります。

このように、ECサイトといっても安価なASPから中規模会社向けなパッケージ、大規模な会社向けのフルスクラッチがあります。また、費用がかからない場合もあるオープンソースという方法もあります。このことから、初期の段階は、モール型で顧客を獲得し、パソコン操作に慣れて、ASPで売れる商品を見極め,パッケージで大きく売上げ、フルスクラッチでさらに大きく売り上げると会社として発展していく道になります。

パッケージECサイト

パッケージのECサイトとは、論理的に体系立てたものを基本にしてつくられたECサイトのことです。細かい調整が可能であることが特徴になります。小さな会社、中位の会社、大きな会社とすれば、中位の会社や大きな会社に合っているといえます。

良い点として、アクセスが多くても処理をこなし大きな利益を上げることができます。また、ASPでは自由にデザインや写真・イラストなどアレンジすることは難しかったのですが、パッケージでは自由に操ることが出来ます。また、会社毎であったASPでしたが、パッケージですと連携も可能です。悪い点として、サーバーの設置など設定が必要であることやASPでは更新がマメに行われましたが、ECサイトを作るのも時間がかかります。さらに、コストもかかり古くなりやすいのです。

さて、パッケージと較べ何でも1からつくるフルスクラッチという方法を次に紹介するのですが、フルスクラッチと較べると安い値段で行うことができて、デザインから連携から自由に出来るのです。金額面では、初期費用が10万円から1000万程で、月額費用が1万円から100万円程になります。そうです、予算を計上出来ない会社は当然無理なのです。しかし、システムとの連携が上手に運びやすいですが、3年に一度の新バージョンの更新が必要なことやサーバーの準備もあって気軽に準備出来ないものでもあります。

ASPのECサイト

モール型のように頼りにするのではなく、他社と共に協力しながらサイトを作成する場合を紹介します。具体的には、ASPを使用しての場合を紹介します。ASPとは、アプリケーション・サービスプロバイダーの略です。他社のアプリケーションサービスを利用して自社でECサイトを活用していくことになります。

このASPの良い点ですが、価格が安いということがあげられます。さらに、インストールしなくてもネット上で作業をすることが出来ます。しかし、多くのお客様を抱える状態になるとASPでは運営しづらいことも分かっております。そこで、最初の立ち上げ時期である商品の販売に適しているともいえます。さらに、立ち上げたばかりの会社に最適といえます。また、このようなASPは給料の計算や、会社のシステム管理でも、大きく活用されています。

さらに、常に最新にバージョンアップされてセキュリティー対策にも努めています。しかし、デメリットもあって会社毎のカスタマイズが出来ない点にあります。そこから、独自性やブランド性には欠けることにもなります。金額面ですが、初期費用が無料から10万円程かかり、月額千円から5万円程かかり、これから紹介するものと較べ安いことに気づくはずです。

自社ECサイトを作る

ECサイトとは、自分の会社の商品を、インターネット上で販売するサイトのことです。ECとは、electronic commerceを略したもので、電子商取引の略でもあります。さて、このECサイトの種類は以下のように分類されます。モール型と自社サイト型とがあります。モール型とは、ショッピングセンターを想像してみれば分かるように、ショッピングセンターの中にいくつかの店を出店するように、インターネットのサイト上でいくつかの店の商品を販売しているサイトのことです。また、自社サイト型とは、自分の会社のサイトで自分の商品を販売するサイトになります。

さて、今回のタイトルはECサイトを作るために必要な知識ですが、パソコン操作の苦手の方は、モール型のECサイトを利用すると都合がいいはずです。しかし、今の時代は自分の会社のホームページを持っているのは、普通のことでもあり、自分の会社のホームページだからこそ、独自性のある魅力のあるサイトになるのです。そう考えますと、当初はモール型のショッピングサイトに登録して商いを行うのがベストでしょうが、社員の中に、ある程度こなすことができる人がいると、自社サイトの方が都合がよくなるのです。

さらに、自社サイトと言いましても他社の力を借りながらECサイトを作ることもできるのです。もちろん、完全に自社でECサイトを運営している会社もありますし、逆に専門のECサイト構築業者に発注し、クオリティの高いサイトを作ってもらうことも可能です。依頼をするにしてもある程度の知識を持っていて損はありませんし、業者に細かい指示を出す為にも学んでおいた方が良いでしょう。今回は自社サイトをメインにしてECサイトの作成で必要な知識を伝えていきます。

関連HP-MODD
ECサイト構築・運用を行っている企業のサイトです。